水槽セットの選び方!設備費用が激安になる!?【アクアリウム初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクアリウムを始めようと思う方。
水槽を新たに増設したい方。

アクアリウムとひとことで言っても、水槽、ろ過器、照明、ヒーターなどと必要な設備は多数あり、それらを単体で購入すればそれなりにお金がかかってしまうもの。

水槽は各メーカーやショップから販売されているセット商品で購入したほうが断然お得!

沢山の種類がある水槽セット商品の選び方について紹介。


スポンサーリンク

セット商品のメリットとデメリット

水槽を新たに導入したい場合、少しでも設備費用を抑えたいのですよね?

そんな時、水槽単体だけでなく選択肢として挙がるのが水槽セット商品。

多少のデメリットもありますが、単品での購入よりもメリットは沢山あります。

デメリット

あまりデメリットは少ないと思いますが、考えられることは自分の求めている商品を選べないこと。

セットとして販売することで価格を大幅に下げることが可能になっているため、当然そのセット内容までは選ぶことはできません。

水槽以外の設備はすでに揃っているか、他に希望の商品がある場合は水槽セットでの購入は余計なものまでついてくることになります。

メリット

セットでの購入のメリットは沢山あり、特に初心者の方が設備を用意するには最適です。

何よりも大きいのは価格です。

通販サイトやホームセンターなどで単体の商品をそれぞれ見てみるとわかりますが、セットになっている商品をバラバラに購入するとかなりの金額になってしまいます。

セットで購入することによって初期費用を抑えることが出来るので、初心者にも優しい商品。

商品によってどこまでセット販売しているかは違いがありますが、知識や経験の少ない方でもセットで購入することによって必要なものを揃えることができます。

水槽セットの選び方

各メーカーから多数販売されている水槽セット商品。

飼育目的やセット内容、設置場所などを考慮しながら自分に合った商品を選びましょう。

購入前にはセット内容を必ずチェック

アクアリウムの水槽や設備が多数販売されている分、それらをセットにした商品も色々な種類があります。

それらは基本的に用途に応じた組み合わせで分けられています。

重要なことは、自分がどのようなスタイルを求めているのか?熱帯魚は何を飼育したいのか?をはっきりさせておき、それに合った商品を選ぶこと。

そのためには必ず購入前にセット内容を確認しておく必要があります。

熱帯魚用セット

必要な設備

・水槽
・上部フィルターor外部フィルター
・観賞用照明
・水温計
・餌
・その他(カルキ抜き、バクテリアなど)

熱帯魚は暖かい地域に分布・生息している淡水魚で、水温は25℃前後に保つ必要があります。

ろ過器は言うまでもありませんが、ヒーターは必要不可欠となります。

また、熱帯魚は観賞魚としての魅力が高く、照明があるのとないのとでは大きく違いますので、照明も必須と考えましょう。

金魚・メダカ用セット

必要な設備

・上部フィルターor水中フィルター
・観賞用照明
・餌
・その他(カルキ抜きなど)

金魚は日本にも分布する淡水魚で比較的低めの水温で飼育します。

観賞用照明もないよりはあったほうが断然綺麗に見えます。

水草用セット

必要な設備

・外部フィルター
・観賞用、育成用照明
・ヒーター
・水温計
・肥料
・その他(水草・ソイルなど)

水草は光合成をするため、二酸化炭素と強めの光を必要とします。

種類によっては二酸化炭素の添加が必要になり、その場合は水中に解けた二酸化炭素を逃がさないために、ろ過器は上部や外掛けではなく密閉型の外部式が基本とされます。

わりと強めの光が必要になるので、高光量の照明が必須。

海水魚セット

必要な設備

・外掛けフィルター、外部フィルター
・観賞用照明(ブルー)
・ヒーター
・水温計
・人工海水
・比重計

海水魚の場合、淡水の熱帯魚、水草、金魚などとは異なり、海水での飼育になるので塩害対策のされた専用の設備と人工海水が必要。

暖かい地域に生息する魚を飼育するためにヒーターと水温計は必須。

 

 

このように、何を飼育していきたいのかによって必要な設備は違ってくるので、自分がやりたいことに合っていない商品を購入するといらない物、足りない物が出てきてしまい、セット商品のメリットはありません。

これからどのようなスタイルのアクアリウムを始めたいのかが決まれば、必ずセット内容をチェックしておきましょう。

また、同じジャンルでもセット内容の違う商品が多数販売されているので、足りない物、余計な物がないかよく確認しましょう。

選び方のコツ

アクアリウムと言ってもスタイルは様々で、小さな水槽をデスク脇に置いて気軽に鑑賞を楽しみたい、大きめの水槽で繁殖させたいなどと設備によってはできることの幅は沢山あります。

また、インテリアとしてもオシャレに演出することのできるデザイン水槽も徐々に増えてきています。

しかし、見た目やスペースの都合ばかりで長期間維持できるほどアクアリウムは甘いものではないのも現実。

定期的な管理や観察は必要ですし、水槽や設備のサイズに合っていない数や大きさの魚種を導入すればすぐにトラブルが発生します。

中には小さいのに攻撃的だったり、飼育するに連れて大きくなりすぎたり増えすぎたりといったこともあるため、飼育する生体の性質をよく知っておく必要もあります。

水槽セットを選ぶ順序として、何をどのくらい飼育したいのかを考えその生体に必要な水槽サイズ(飼育水量)と設備は何なのかをリサーチしてから商品を探すようにしましょう。

見た目が気に入って熱帯魚を選ぶことはもちろん悪いことではないですし、むしろ見た目で選ぶことが基本でもあるのですが、中には可愛らしい見た目と違って同じ水槽内にいる他の魚をつついたり追い掛け回したりする種類のものもいます。

また、購入時は小さくても数年間育てていくと驚くほどに大きくなる種類もいますし、繁殖しすぎて過密になってしまうケースが多いため、そのような種類の魚種を飼育したい場合は導入する数に対して多少大げさなくらいの水槽設備を準備するくらいがちょうどいいと思っていたほうがいいでしょう。

水槽サイズで選ぶ

飼育目的からサイズを選ぶという順序でもいいのですが、まずは水槽が設置可能なスペースを確認してからサイズを選ぶという順序もありです。

むしろ、これを無視して水槽を購入してしまうと、アクアリウムのために後からスペースを確保することになるので大変です。

あまりスペースが確保できない、もしくはちょっとだけアクアリウムを楽しみたいという方には、30cm水槽くらいがちょうどいいでしょう。

飼育水量が少なめなので飼育可能な生体は限られてしまいますが、ちょっとしたスペースでオシャレに演出できます。

中でも30cm立方体のタイプは水量も多く見た目もそこそこインパクトがあるので30cm幅が確保できれば立方体の30cmキューブタイプがオススメ。

設備もそれなりにしっかりしたものが揃っていますので、過密状態にだけ気をつけておけば、気軽に始められるサイズ。

アクアリウムの主流は60cm水槽で、飼育水量も多く設備も充実しているため、できることの幅はかなり広がります。

メンテナンスもしやすく、大きすぎず小さすぎずといったところなのでスペースが確保できるなら60cm水槽のほうがよりアクアリウムを楽します。

スポンサーリンク