鳩撃退法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

うちのベランダに最近鳩がくるようになった。

最初に来始めたのは9月くらいかなあ。

原因はわかっています。
趣味として熱低魚を飼っていることは前記事で書きましたが。
9月頃に、ベランダにビオトープを作って、メダカ飼育をしようと思って、
水を張ったことが原因。
ビオトープと言っても通販で一緒に届く発砲スチロールの箱に
水を張って浮草を浮かべただけ。

最初はなんで鳩がくるのかはわからなかったのですが
来た時の行動を見てみると
水を飲みにきていた。

ただ水を飲むだけなら一見たいしたことはないように思えるが。
水を飲むだけではなくて、お気に入りの場所になるのか
しばらく居座って毛つくろいしたり、フンをしたり・・・

フンをしたり?

そうなんです!
フンをあっちこっちにしまくって困ってるんです。

ベランダの床にしたフンは水で流せばおしまいですが
手すりにまでしてるので困ったもの。

手すりのフンも水で洗い流せば済むのですが
うちは集合住宅なんです。

集合住宅に住んだことのある方はおわかりと思います。
また、済んだことのない方も想像してみてください。

手すりについたフンを水で流そうとすると・・・

そうなんです。
下の階の方のベランダにフン汁を垂れ流すことになってしまうんです。

だから流せない・・・

そして布団が干せない・・・

掃除するとしたら、拭き掃除くらいしかないでです。
そんな状況で
この鳩による被害をなんとかしようとネットで調査

色々と対策はでてきました!

が、
調べたところ、鳩の習性で困った事実。

動物にもそれぞれ性格、というかまあ習性なんですが
鳩というのは、一度お気に入りの場所をみつけると
「ここは俺の場所だ~」
と言わんばかりに、そこばかりに居座るようになって
人間が少々脅かしたりする程度のことでは
その場所を手放すことをなかなkあきらめてくれないらしく
来ないようにするには難しい動物らしい。

けどとりあえず何かをしないといけないので
水鉄砲で水をかけたり、追いかけたりするのですが
意味なし(笑)

ましてやここは集合住宅のベランダ
サササっと隣に小走りに逃げるだけ(笑)

完全にバカにされてる感じ・・・
ネットで調べて出てきた対策をいくつか試してみた

①磁石を置く
鳩の脳内には周りの磁気を感知する機能があるらしく
異常に偏った磁気がある場所は嫌がる

らしい・・・

百均で磁石を10個購入。
ベランダに50センチ間隔くらいで設置。

その後
鳥の羽ばたく音がしたのでベランダを覗いてみると・・・
普通に手すりに鳩が止まってる・・・
その位置は、磁石からわずか5センチくらい。
しばらく様子を見てましたが・・・
一向に嫌がる様子もなく、居座ってる。
それから数日様子を見ましたが、
避けるどころか磁石があってもなくても同じ感じで
毎日何度も来てました。
②鳩撃退薬剤
これも百均、鳩の嫌がる臭いを発する薬剤で、置くだけで寄ってこなくなる
といった商品

磁石はそのままにしておいて
さらにその間に等間隔に薬剤設置

またもや鳩が飛来
薬剤があろうが磁石があろうがお構いなしで
何も変わりがなくいつも通りウロウロ
③テグスを張る
鳩が止まるところに鳩の胸の高さくらいでテグスを張っておくと
止まりにくいので嫌がって来なくなる

らしい・・・

またまた百均でテグス購入

したのはいいのですが・・・
横にテグスを引っ張れるような柱的なものがなく断念・・・
これだけしか試してませんが
前々効果なしでした。

そこで思いついたのが

ビオトープにフタをすること!

とは言っても、元々は観賞用にメダカを飼い始めたのに
フタをするって・・・ねえ・・・

しかもメダカは太陽の光を受けられる場所で育つもの
フタをしてしまっては本末転倒

で、
フタも発砲スチロールなのでカッターナイフで真ん中をくりぬいて
光が入るように改良し
さらにこれにテグスを張ってネットのようにして
中の水を飲めないようにした。

これでどうだ!

今度こそは撃退。
元々は水を飲みに来てたのだから
その水が飲めないとなるとうちのベランダにくる用事はなくなるはず!

結果

何も変わらず鳩が飛来・・・

何やらガサガサやってるのでそーっと覗いてみたら
テグスの隙間から上手に水を飲んでました。

てかよく考えたら水をのんでるのか?
これ書きながら思ったけど
水を飲んでるわけじゃなくて
メダカが食べられてるんじゃないのか?

急に不安になってきた・・・

どちらにしろ、今のところ鳩が来ることによるメリットは
何もないので早いところ撃退したい。

こうしたらいいんじゃないか?
これなら絶対にこなくなる!

などの方法があれば誰か教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。