アクアリウム水草水槽でコケ対策になる生体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ヤマトヌマエビ

アクアリウムの宿敵とも言えるコケ。

1度発生してしまうと手がつけられなくなりますが、そんな時に強い味方になってくれるコケ取り生体たちがいます。

コケを食べてくれる熱帯魚

オトシンクルス、オトシンクルス・ネグロ

コケ取り魚として最も有名な魚で、南米原産の小型ナマズの仲間です。
体長4cm弱の魚で、中性の水質が適しています。
吸盤のような口で水槽壁面や、水草表面のコケをなめ取るように食べ、茶ゴケに対して非常に効果的なクリーナーフィッシュです。
水草を食害することがなく水槽に数匹いれておくとコケ予防になります。
サイズも小型で愛くるしい表情からファンも多く、珍しい種類も多いことからコレクション性が非常に高いのも魅力です。

茶ゴケを主食とするため、水槽内での長期飼育では人工飼料にいかに餌付けるかが重要です。
プレコやコリドラス用のタブレットだけでなく、底砂に落ちたフレークフードも食べますが、エサと認識するようになるにはやや時間がかかります。
茹でたほうれん草、水槽内に立てたきゅうり、赤虫やブラインを食べさせる方法も知られますが、水質の悪化や他の混泳魚に食べられないように注意が必要です。
またソイルや流木の入った水槽であれば、齧らせることで餌付くまでの期間を乗り越えやすくなります。

売られているものの多くが、ヴィッタートゥス(またはヴェスティートゥス)とネグロという種類です。
ヴィッタートゥス及びヴェスティートゥスは、以前アフィニスといわれて売られていましたが、最近は正式名で呼ばれています。
アフィニスという種類は、別にいます。

ヴィッタートゥスの方が水槽内をチョコマカ泳ぎ回るのでかわいいのですが、水質や薬に弱い面があります。
ネグロは茶色の平べったい魚で、ヴィッタートゥスに比べあらゆる点において強く、繁殖も容易です。

オトシンクルスは、珪藻をよく舐め回してくれるため、ヤマトヌマエビと共に水草水槽の定番です。
珪藻以外はほとんど食べませんが、水草を傷めることもほとんどないので安心です。
ただしエンゼルフィッシュのような中型魚以上の魚と混泳させていると、昼間は怖がって水槽の前面に出てきません。
最近は次々と新種が入ってきており、パトロキンクルス・マクリカウダやジャイアント・オトシン、バンブルビーオトシンは有名ですが、特にゼブラオトシンは大きな話題となりました。

ペンシルフィッシュ

ペンシルフィッシュは、カラシン亜目レビアシナ科に属しています。
さらに水槽内で頭を上げた状態で群れになって泳ぐナノブリコン属と、バラバラになって泳ぐナノストムス属に分けられます。
主にコケを食べてくれるのはナノストムス属の魚なので、購入する際には注意してください。

ペンシルフィッシュには、エスペイやスリーラインペンシル、アークレッドペンシルのように美しい種類が多くて鑑賞価値が高く、繁殖も十分可能です。
食べるコケの種類は、アオミドロや緑藻のような糸状のコケです。ただしこの魚にコケの駆除を一任するのは無理なので、補助程度と考えてください。

サイアミーズフライングフォックス

タイ、インドネシア、ボルネオ原産のコイ科の魚です。古くから水槽のコケ取りとして有名で、除去が困難な黒いヒゲ状のコケを食べてくれることから重宝されています。
成長が遅く黒ヒゲゴケの付きやすい水草をレイアウトに使用する場合は特に効果を発揮します。

飼育は容易で水質にも良く適応してくれます。
人工飼料に慣れすぎるとコケをあまり食べなくなり、成魚になるとコケ取りとしての働きは悪くなります。
基本的に他魚に対しては温和で混泳も問題ありませんが、成魚になるとテリトリー意識が強くなるので餌の与えすぎには注意が必要です。
また泳ぐスピードが早いことから飛び出し事故に注意が必要です。

ブラックモーリー

この魚は昔から知られているのですが、コケの駆除用に見直されたのは最近のようです。
特に他の生きものが見向きもしないラン藻を食べてくれるというのが、注目されている要因です。
さらに油膜を食べ尽くしてくれるのも有り難い。

ブラックモーリー以外のモリーでも同様の効果があると思いますが、セルフィンモーリーは大きくなるので、気を付けたいところ。
さらにモーリーは大食漢です。
餌を与えると真っ先に寄ってきて餌を貪り食いますので、他の魚に餌が回るのか心配になるくらいですね。
そんな魚ですから、水も相当汚してしまいます。


スポンサーリンク


コケを食べるエビ類

ヤマトヌマエビ

言わずと知れた、コケ取り部隊の定番、ヤマトヌマエビ。
関西方面の川に棲む淡水のエビで、体長4cmほどになります。
釣り餌などにも使われ、水槽内で糸状コケや残餌をよく食べます。
しかし他の餌を食べている場合は、コケの食べる量は減ります。
ヤマトヌマエビはコケ取り能力が非常に高く、水槽内に入れておけば確実にコケの抑制に役立ちます。
特に糸状のコケには効果抜群ですが、入れすぎると水草の新芽等を食害することがあります。

水槽内で飼育できるエビの中でも丈夫で、水質への順応能力も高いです。
しかし高いアンモニア濃度や極端に低いpH、魚病薬や水草の農薬などの薬品にも弱いので注意が必要です。
また夏場の高水温による溶存酸素量の低下は特に危険で、魚にとってエビは格好のエサになってしまうので、エビが口に入るサイズの魚との混泳には向きません。

ヤマトヌマエビを観察していると、雌がお腹の深緑色の卵を世話している姿を見かけますが、幼生は塩分がないと生きられませんので、繁殖させることはほぼ不可能です。
また中型魚以上の魚と混泳させている場合は食べられることがあるためか、、昼間は水槽の前面に出てきません。
このエビも脱走名人で、ガラスブタをしていても小さい隙間から逃げ出し、水槽の外に“かっぱえびせん状態”で発見されることがよくあります。

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビはヤマトヌマエビに比べ体が小さいためコケ取りには多めに入れたほうがよいでしょう。
ミナミヌマエビは水草の食害がほとんど無く、小さな水草を引き抜いてしまうといったこともありません。
水槽内での繁殖が可能で、様々な色彩のバリエーションがあるといった特徴を持ちます。

ミナミヌマエビはヤマトヌマエビと違い淡水で繁殖ができる大卵型なので、水槽で殖やすことができます。
自宅水槽で殖やすことができる楽しみと共に、カラーバリエーションも楽しめますね。
通常は透明なエビなのですがが、黒、赤、茶、緑、青、黄色と体色に変化が見られます。

ビーシュリンプ

レッドビーシュリンプは東南アジアで繁殖されている体長1~2cmほどの小さいエビで、背中に黒い横縞が数本あります。
小さいのでコケを退治するには数十匹入れる必要があり、熱帯魚に食べられる可能性も高いですね。

基本的な飼育方法はエビ水槽を作るか、小型カラシンや小型ラスボラ等の大人しくて小さい魚との混泳だけにしておきます。それも混泳の場合は、姿を隠せるように水草が繁茂している水槽の方が、生存率がいいでしょう。

このビーシュリンプは大卵型のエビで卵胎生なので、水槽内で自然繁殖します。
最近はビーシュリンプも数種類販売されており、特に赤くなる個体を系統交配させたクリスタルレッド・シュリンプは、とても美しいエビです。

クリスタルレッド・シュリンプは、シュリンプ栽培センターの鈴木氏が作出して商標登録したエビです。
そのためレッドビーシュリンプの別称が、一般的になりました。


スポンサーリンク