コリドラス水槽、真の天敵はアイツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


スポンサーリンク

我が家のコリドラス水槽

wpid-imag1361.jpg

コリドラスジュリー、コリドラスステルバイを中心に飼育。
レイアウトもコリドラスのために作ったもの。
ただ、以前はエンゼルフィッシュ、マーブルグラミーと混泳していたのですが、いくら上部フィルターといえど、60cm水槽では若干過密気味だったためにどうにかしたいと思っていた。
さらに、頭を悩ませていた問題があった。
マーブルグラミーとエンゼルフィッシュの特徴として

マーブルグラミー
温和で飼育しやすく、他魚との混泳も可能

エンゼルフィッシュ
小さい頃は大人しいが、大きくなるにつれて凶暴になり、他魚を攻撃したり、口に入る大きさの魚は見境なく食べてしまう。
縄張り意識も強く、混泳しているエンゼルフィッシュとのケンカも多い。
対策としては、水槽サイズと飼育匹数を検討するか、同じくらいの大きさの温和な魚、マーブルグラミーなどを一匹導入する。
ケンカの主な原因は、「自分がこのエリアで一番大きい、一番強いんだ」と思っていることが原因のようで、自分より大きい、もしくは同サイズの他魚がいれば喧嘩がなくなることがある。

ということらしく、導入したばかりの頃は、エンゼルフィッシュ同士のケンカが絶えなくて、体の大きい方のゴールデンエンゼルが少し小さめのコイエンゼルを追い掛けまわしていました。
それを見ていられなくてマーブルグラミーを導入。
しばらくすると、エンゼル同士のケンカはなくなり、それどころかいつも並んで泳いでいるくらいに仲良しに。
なんだったんだあれは?
と驚く程の変わりっぷりでした。
が、この頃から、ケンカ番長として頭角を現してきたのが、マーブルグラミー!
ケンカの仲裁役、平和の使者として、導入した、一般に大人しいとされているマーブルグラミー。
そのはずが・・・
水槽一番のやんちゃ者!
しかも問題なのは標的はエンゼルではなくコリドラス!
コリドラスは平和主義、というか他の魚には興味すらないくらいのマイペース。
普通にゆらゆらおよいでいるだけなのにマーブルグラミーが背びれをつつく。
底にじっとしているだけなのに背びれをつつく。
嫌がって逃げるコリドラスを追いかけてまたヒレをつつく。
ホントに困った状態で、かわいそうなくらいに毎日追い掛け回す始末。
コリドラスも心休まる場所がないようでかわいそうでした。
長い間この環境で飼育していましたが、つい先日。
やむなく60cm水槽を新たに設置し、エンゼルフィッシュ、マーブルグラミーを新水槽へ移しました。
その後、平和が訪れたコリドラス水槽。
追い掛け回されることも、背びれをつつかれることもなければ、餌も奪われることもない。

 

 

 

と思ってたのですが・・・。

 

 

 

 

新たな敵が現れました!

 

 

 

 

エンゼルフィッシュとマーブルグラミーがいた頃は、恐れをなして隠れていたようですが・・・。

 

怖い人たちがいなくなった途端に、奴らは堂々と暴れまわるように・・・。

 

その正体は・・・

 

 

 

 

 

コイツ!

wpid-imag1173_1.jpg

 

ヤマトヌマエビ!

エンゼルフィッシュとマーブルグラミーがいた時は、岩陰でコソコソやってたみたいですが、いなくなってからは、ワサワサと出てきて、普通にあっちこっちウロウロしてる。
ほとんど姿が見えなかったので完全にその存在を忘れていました。
コイツらの何が困るって・・・

 

 

 

これです。

wpid-imag1321.jpg

コリドラス用にタブレットの餌を与えているのですが、落とした途端にヤマトヌマエビが群がってきて、ヤマトヌマエビ同士で押し合いもみ合いの末に勝ち取った者が遠くへ持ち逃げ。
「いやいや違うんだよ。それ君たちのじゃないから」
「君たちはそのへんの適当なものをほじくって生きていてくれればいいんだから」
とは思っても。
コリドラスは餌への反応が悪く、ヤマトヌマエビのほうが餌に気が付くのが遥かに早い。
結構多めにいれているのにヤマトヌマエビの数が多く、すぐになくなってしまう。

wpid-imag1318_1.jpg

こんな感じでもう一匹に一個ってくっらいに贅沢な状態になっている。

スポンサーリンク