アンモニアは吸着しない!?活性炭の役割(簡易版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 


スポンサーリンク


アクアリウムにおける活性炭の吸着効果について、超簡単にまとめました。

長々しい説明を読むことがめんどくさい方のための簡易版です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

詳しく知りたい方はこちらへどうぞ↓

熱帯魚飼育水槽における活性炭と吸着について

Q.活性炭とはなんですか?

A.炭を活性化して吸着能力を向上させたものです。

Q.吸着とはどういうことですか?

A.活性炭などの吸着剤に、有機物などが結合し、離れなくなることを吸着といいます。

Q.アクアリウム水槽に活性炭を投入するとどのような効果があるの?

A.①餌の食べ残しや、生体の糞尿などの有機化合物を吸着除去します。
A.②飼育水から発生する臭いを吸着し、悪臭を防ぎます。
A.③飼育水のにごり、黄ばみを吸着除去します。


スポンサーリンク


Q.活性炭はアンモニアを吸着するの?

A.飼育水中で活性炭のアンモニアの吸着量はごく微量で、ほとんど除去効果はないようなものです。

Q.どのくらいで交換するの?

A.活性炭の吸着濾過を維持したいならば、商品毎にメーカーが推奨している期間で交換したほうがいいです。

Q.ずっと入れてちゃいけないの?

A.一定期間を経過すると、一度吸着した物質を放出しはじめます。

Q.生物ろ過のろ材としては使える?

A.使うことは可能ですが、生物ろ過は専用ろ材でいいと思います。

Q.熱帯魚飼育水槽に活性炭は必要なの?

A.絶対に必要なものではありませんが、吸着ろ過としての効果はありますが、交換は必須なので生物ろ過、物理ろ過よりもランニングコストは高くなります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ↓

熱帯魚飼育水槽における活性炭と吸着について


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。