人喰いバクテリアとは!?アクアリウム観賞魚の病気が人間にも感染するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水槽管理をしている際に、水槽内にはどのような菌がどれくらいいて人体にどのような影響があるのか、どの程度なら大丈夫なのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

特に小さいお子さんがおられる場合なんかはいくら手を洗っても気になってしまったりすることもあると思います。

実際に自分も普通のハンドソープで洗っても少し気になりますし、そもそも魚の病気が人にかんせんするのか?感染するとしたらどうなるのか?というのは前々から気になっていました。

人間への感染はごく稀なケース!?

結論から言うと、色々と調べてみたところでは魚類から感染する細菌性の病気はあまり重篤になるものは少なく、一般的な衛生管理をしていれば特に問題はないようです。

アメリカの24歳の女子大学院生が人食いバクテリア「エロモナス・ハイドロフィラ」に感染し、左足壊死、切断した上に一時心臓停止するなど重体に陥った、といった事例もあるようですが、極めて希な例のようです。

アクアリストなら知っておきたい細菌と伝染病6つ

細菌による伝染病の知識は、アクアリストとして知っていて損はないのでまとめてみました。

観賞魚を飼っている水槽まわりから人間に感染する病気は意外と沢山あるようです。

・サルモネラ症

家庭で飼育しているカメなどがサルモネラ菌を持っています。
人間には主に口経的感染で、激しい腹痛、下痢や嘔吐などの食中毒のような症状がでることがある。

・運動性エロモナス感染症

淡水域に広く生息していて、水生動物の腸内、陸上生物にも病原性がある。
人間には主に口経的感染で、食中毒のような症状がでることがある。

・ノカルジア症

土壌細菌として広く自然界に分布している。
人間には外傷から感染、または肺から侵入し菌腫を形成し皮膚、皮下に膿瘍を作り、肺では肺炎、肺膿瘍、空洞を生じ血液中に侵入すると腎臓や脳などに膿瘍を形成する。致死率が高いが、免疫機能が極度に低下した方でないと発症することは少ないと思われる。

・ビブリオ病(ビブリオ バルニフィカス)

人間には主に口経的感染で、汚染した海産物の生食や汚染した海水を飲み込んだりすると嘔吐、腹痛下痢などを起こす。免疫の低下した方、肝臓に疾患のある方は要注意。敗血症を起こし死亡する事もある。
傷口などを、汚染した海水につけると感染することもあり、皮膚を破壊し潰瘍を形成する。壊死性筋膜炎など人体を破壊する様子から人食いバクテリアと言われている。海岸などで貝などによる傷での感染例もあるので素足の場合は注意。

・ビブリオ コレレ

汚染した魚介類や汚染水を経口接種すると下痢、腹痛、嘔吐などの食中毒の症状を起こす。コレラほど重度な症状は起こさない。

・マイコバクテリウム症(抗酸菌症、水族館肉芽腫)

熱帯魚や海水魚に感染する非定型抗酸菌マイコバクテリウム マリナスは魚を飼っている水槽に付着している。

人間が感染すると発疹を伴った膿疱を形成して潰瘍や肉芽腫(水族館肉芽腫)ができるが、数ヶ月で自然に治り重症化することは少ない。

マイコバクテリウム fortuitumはカエルから分離され、魚は内臓に結節をつくる。病気が進行していくと骨格が侵され体のゆがみが見られる。

人間にはは主に外傷後の皮膚、軟部組織の感染が60%を占め他には骨関節、リンパ節など様々な部位に感染を起こす。

肺の感染は比較的少ないが、肺に基礎疾患を持った方だと2次感染としての感染例もあり、結核と同様な症状が見られる。非結核抗酸菌のため通常の抗結核剤が効かないので注意が必要。

スポンサーリンク