鳩撃退法!

うちのベランダに最近鳩がくるようになった。

最初に来始めたのは9月くらいかなあ。

原因はわかっています。
趣味として熱低魚を飼っていることは前記事で書きましたが。
9月頃に、ベランダにビオトープを作って、メダカ飼育をしようと思って、
水を張ったことが原因。
ビオトープと言っても通販で一緒に届く発砲スチロールの箱に
水を張って浮草を浮かべただけ。

最初はなんで鳩がくるのかはわからなかったのですが
来た時の行動を見てみると
水を飲みにきていた。

ただ水を飲むだけなら一見たいしたことはないように思えるが。
水を飲むだけではなくて、お気に入りの場所になるのか
しばらく居座って毛つくろいしたり、フンをしたり・・・

フンをしたり?

そうなんです!
フンをあっちこっちにしまくって困ってるんです。

ベランダの床にしたフンは水で流せばおしまいですが
手すりにまでしてるので困ったもの。

手すりのフンも水で洗い流せば済むのですが
うちは集合住宅なんです。

集合住宅に住んだことのある方はおわかりと思います。
また、済んだことのない方も想像してみてください。

手すりについたフンを水で流そうとすると・・・

そうなんです。
下の階の方のベランダにフン汁を垂れ流すことになってしまうんです。

だから流せない・・・

そして布団が干せない・・・

掃除するとしたら、拭き掃除くらいしかないでです。
そんな状況で
この鳩による被害をなんとかしようとネットで調査

色々と対策はでてきました!

が、
調べたところ、鳩の習性で困った事実。

動物にもそれぞれ性格、というかまあ習性なんですが
鳩というのは、一度お気に入りの場所をみつけると
「ここは俺の場所だ~」
と言わんばかりに、そこばかりに居座るようになって
人間が少々脅かしたりする程度のことでは
その場所を手放すことをなかなkあきらめてくれないらしく
来ないようにするには難しい動物らしい。

けどとりあえず何かをしないといけないので
水鉄砲で水をかけたり、追いかけたりするのですが
意味なし(笑)

ましてやここは集合住宅のベランダ
サササっと隣に小走りに逃げるだけ(笑)

完全にバカにされてる感じ・・・
ネットで調べて出てきた対策をいくつか試してみた

①磁石を置く
鳩の脳内には周りの磁気を感知する機能があるらしく
異常に偏った磁気がある場所は嫌がる

らしい・・・

百均で磁石を10個購入。
ベランダに50センチ間隔くらいで設置。

その後
鳥の羽ばたく音がしたのでベランダを覗いてみると・・・
普通に手すりに鳩が止まってる・・・
その位置は、磁石からわずか5センチくらい。
しばらく様子を見てましたが・・・
一向に嫌がる様子もなく、居座ってる。
それから数日様子を見ましたが、
避けるどころか磁石があってもなくても同じ感じで
毎日何度も来てました。
②鳩撃退薬剤
これも百均、鳩の嫌がる臭いを発する薬剤で、置くだけで寄ってこなくなる
といった商品

磁石はそのままにしておいて
さらにその間に等間隔に薬剤設置

またもや鳩が飛来
薬剤があろうが磁石があろうがお構いなしで
何も変わりがなくいつも通りウロウロ
③テグスを張る
鳩が止まるところに鳩の胸の高さくらいでテグスを張っておくと
止まりにくいので嫌がって来なくなる

らしい・・・

またまた百均でテグス購入

したのはいいのですが・・・
横にテグスを引っ張れるような柱的なものがなく断念・・・
これだけしか試してませんが
前々効果なしでした。

そこで思いついたのが

ビオトープにフタをすること!

とは言っても、元々は観賞用にメダカを飼い始めたのに
フタをするって・・・ねえ・・・

しかもメダカは太陽の光を受けられる場所で育つもの
フタをしてしまっては本末転倒

で、
フタも発砲スチロールなのでカッターナイフで真ん中をくりぬいて
光が入るように改良し
さらにこれにテグスを張ってネットのようにして
中の水を飲めないようにした。

これでどうだ!

今度こそは撃退。
元々は水を飲みに来てたのだから
その水が飲めないとなるとうちのベランダにくる用事はなくなるはず!

結果

何も変わらず鳩が飛来・・・

何やらガサガサやってるのでそーっと覗いてみたら
テグスの隙間から上手に水を飲んでました。

てかよく考えたら水をのんでるのか?
これ書きながら思ったけど
水を飲んでるわけじゃなくて
メダカが食べられてるんじゃないのか?

急に不安になってきた・・・

どちらにしろ、今のところ鳩が来ることによるメリットは
何もないので早いところ撃退したい。

こうしたらいいんじゃないか?
これなら絶対にこなくなる!

などの方法があれば誰か教えてください。

エイジングに抗え!

年をとるにつれて
色々なところに劣化を感じますが

根本的になにをするにもエネルギーがたりない

一番思うことが
夜更かしができない!

夜はどんなに遅くまで起きていても2時くらいが限界(夜勤は別、仕事だから)
年の近い人でも3時4時まで起きてるって人もいますが
自分は全然ダメですね~。

おまけに昼寝癖がついて昼食後は必ず眠くなる。

若いころは結構アクティブなタイプで
寝るのがもったいないって思ってたくらいで
休日の朝は遅くても起床は7時
昼寝なんてもったいなくて絶対しなかった。

休日は休む日ではなくて遊ぶ日って思ってた。

中には昼まで寝てるなんて人もいるけど信じられない。
「この人は人生損してるわ」
とまで思ってた。

けど今では自分がその損してる人(笑)

今からでも生活改善しようと思えばできるのでしょうが
一度ついた癖はなかなか抜けない。

なんでこうなってしまったか。

一つだけ心当たりがあるのは
子育て

子育ての期間はまあ0~4歳くらいまでかなあ?
自分の中で手がかからなくなったなあと思ったのは大体それくらい
トイレを自分で行けるようになったくらいかな。

特に0~2歳くらいの頃は
あまり外に出る機会はないし
子供も昼寝をする。

結構夜泣きなんかも連日続いたりして
寝不足気味になったりするこの時期は
親も寝れるときに寝ておこうって感じで
子供が寝るタイミングに合わせて寝たりするようになって
その、延長線上で昼寝癖がついたってのはある。

みんながみんなそうだってわけじゃないけど
少なくとも自分はそれが影響している気がする。

今となっては子供も大きくなって
そろそろ生活改善しなきゃなあと思ってはいるのですが
長年続けてきた習慣を変えることってほんとに難しい。

家族の時間の過ごし方、健康面、アンチエイジング
色々なことを踏まえて
改善したいなあという思いだけはとりあえずあったりする。

温泉

日本を代表する文化の1つ「温泉」

が、実は苦手なんですよね~…

苦手な要因は2つあるのですが

まず1つ目

「熱い」

この熱いのがほんと苦手なんです。

体質とか体調とかメンタルとか色々と関係してくるのでしょうが、自分の場合、他人よりも身体が温まるのが早い気がするんです。

他の人と一緒に入ってても自分だけすぐに熱さの限界がきて長く入ってられません。

それがどのくらいなのか?というのは表現しにくいのですが。

まあ普通の温泉で言うと湯船に浸かっていられる時間はせいぜい3分ってところですかね。

計ったことがないのでわかりませんが恐らくそのくらいです。

サウナなんて何がいいのか理解不能なレベルです。

家庭のお風呂でも、家族で入っていても自分だけすぐに熱く?暑く?なって先に出てしまいます。

絶対に芯まで温まってないって言われるんですが全然そんなことはなくて上がってからも普通に温かいですし、とにかく湯船の中にいられないので自分としてはそこが限界点です

独身の頃は年中ずっとシャワーで湯船には入っていなくて、シャワーで頭と体を洗っただけでも温まるので十分でした。

まあ、そんな感じなので、一般家庭よりも温度の高い温泉は、耐えられなくて入ってから出てくるまで、着替え込みの時間はどんなに頑張って長居しようとしても20分くらいが限界ですね。

そして

2つ目

「待たされる」

これは家族や、カップルなんかで温泉に行った場合、男性の方ならほとんどだと思うのですが、圧倒的に男性よりも女性の方が出てくるまでの時間が長いので、確実に待つことになります。

さらに、1つ目で述べたように、自分は男性の中でも恐らく入浴時間が短いほうなので、より一層待ち時間は長いわけです。

元々入浴に時間のかかる女性も、大半は温泉が好きなので輪をかけて長くなり、その2つの相乗効果によって自分の待ち時間は相当長くなってしまいます。

で、結局、入ってる時は「熱い!」と思って上がっても、女性と合流した頃には寒くなってたりします。

この2つが基本的に苦手な理由です。

けど、その根本には「熱いのが嫌だ」が原因になっていて、それさえ耐えられる場待つこともないし、冷えることもなくなる。

これは体質なのか?

はたまた気持ちの問題なのか?

わからないけどこの熱いのが苦手なのは何年も変わらず、季節も関係なく今でも苦手なままです。

※熱い、暑いの表現は温泉が熱いことが要因で暑くなるので「熱い」で統一しました

趣味の今と昔

趣味の話

自分の性格としては、常に何か趣味がないと気がおさまらないタイプ。

何かを見たり、聞いたり、感じたりと受け身のものも好きだけど、基本的には自分自身が何かをする趣味をもっていたい。

そんな趣味も若いときは、情熱的にアグレッシブにやっていたのに段々と落ち着いて、悲しいかな、貪欲さも薄れていくのを自分で感じてしまう。

5年前の趣味はというと

主はサーフィン!

もう暇さえあれば海に浸かっていたいってほどで、波があってもなくても海に向かい、常に性格は海が中心でした。

もちろんサーフィンというものは、波がなくてはできないものなので、休みの日にいい波が来ていたりすると、それはサーファーにとっては貴重な1日となるため、何よりもサーフィンを優先することになってしまいます。

それ故に、常に海の状況を気にして、海に合わせた生活スタイルになっていき、いわば、サーフィンをやることは1つのライフスタイルになるわけです。

そんな趣味を持っていた自分も今は

今の趣味は

熱帯魚♪

一気にインドア(笑)

共通してることといえば、水が好き!ってことかな。

肝心のサーフィンは、いつしか海に向かう回数が減り、もうほとんどやってないです。

若くなくなったということもありますが、サーフィンに限らず、基本的に趣味としてやるスポーツに年齢のによる衰えという概念は関係ないので、完全に情熱やモチベーションの問題。

なんだかんだと色々な言い訳をして、だんだん動かなくなって、インドアな趣味に走ってしまい。今では家の中で綺麗な熱帯魚に癒される時間を楽しんでます。

今でも昔のサーフィン仲間から連絡があったりはするのですが、なかなか腰が重くて海に足が向かない…。昔では考えられないくらいに、心身ともに老いてしまった感じ。

まあまたいつか行くでしょ。いつでも行こうと思えば行けるし。

って思ってたらあっという間に数年が経ってしまった。

ダイエット?

あ、それは明日から~!

俺も本気出せばいつでも痩せれるし~!

と、同じ。

もうサーフィンやめたも同然。

なのですが、未だにいつでも海に入れる準備だけはしてあって行こうと思えば行ける。

またいつか、サーフィンやる時がきたら記事にしてみるかもしれないです。