アカヒレ 繁殖方法

アカヒレ
繁殖方法

長い期間飼育していると、誰もが挑戦したくなるのが繁殖。
アカヒレの自然繁殖と人工繁殖について簡単に説明。

続きを読む

エンゼルフィッシュの寿命はどれくらい?

wpid-imag1198_2.jpg

エンゼルフィッシュの寿命はどれくらいなのでしょうか?

平均寿命は種類や環境によって違う?

エンゼルフィッシュの寿命は、平均的に5年程度だといわれています。
ただし、水温や餌などの飼育環境や、品種改良種などでも差が出てくるので、寿命は一概には言えないようです。

一般的に、高水温で餌を大量に与えるといった育て方では寿命が縮み、低水温で餌を抑えた飼育方法では寿命が長くなるようです。
そのような環境では、8年近く生きる場合もあるみたいですね。

他の熱帯魚の寿命と比べてみると、グッピーやネオンテトラが3年程度ですから、エンゼルフィッシュの寿命は長い方だと言えます。
上手に飼育すれば長く、水槽の中の仲間として、私たちを楽しませてくれることでしょう。

エンゼルフィッシュには品種改良種が多くいます。
・プラチナエンゼルフィッシュ
・ブルーエンゼルフィッシュ
・ゴールデンエンゼルフィッシュ
・フレームエンゼルフィッシュ
・クイーンエンゼルフィッシュ
・ホワイトクリスタルエンゼルフィッシュ
など、他にも沢山います。

それぞれに、特徴や寿命などが違いますから、事前にしっかり調査し、自分にあったものを選びましょう。
自分が可愛がっている熱帯魚の寿命は気になるところで、できるだけ長生きしてほしいものですよね。
正しい飼育方法を勉強して、少しでも長生きしてもらえるように、飼い主として努力することも大切です。
長い寿命で、あなたの傍に長くいる熱帯魚ほど愛着が湧き、可愛く思える、素敵なペットとなってくれると思います。

スポンサーリンク

アカヒレ飼育水槽の水温

41fvQNJCloL__SL500_AA300_

名前のとおり、背ビレと尾ビレに赤い模様が入るアカヒレ。
丈夫で低水温にも強く、冬場でも室内ならヒーターがいらないことで、初心者でも飼育しやすく人気のある種類です。
一般的に言われている飼育水温は15℃~25℃程度ですが、これはあくまで目安で、実際に飼育が可能な範囲は5℃~30℃くらいは平気です。
つまり通常の室温で飼育すれば夏や冬でもたいてい大丈夫です。
ただ、水温の低下は病気に感染する引き金になりますし、魚のような恒温動物は元々温度の変化に弱いために、アカヒレも水温の急激な変化には耐えられないこともあります。
アカヒレの性質上、飼育のし易さから、初心者の方が小さな水槽で飼育するようなことが多いかもしれませんが、小さな水槽ほど水量が少ないため、水質、水温の変化は激しく、その分アカヒレに対する影響も頻繁に変化することになります。
維持管理が可能な水槽サイズを選び、出来るだけ温度変化の少ない場所に設置し、可能であればヒーターを設置してあげたほうがトラブルは少なくなります。
アカヒレ飼育の適水温は25℃前後で、入れておくだけで一定の温度に保ってくれるオートヒーターが安価で売られています。
アカヒレを上手に飼育するためにも是非ヒーターを設置してあげてください。