意外と知らない金魚の歴史!金魚は自然界には存在しない!?第一次ブームは江戸時代!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
金魚侍

意外と知られていない金魚の歴史。
日本中で愛され続ける金魚の歴史を知ろう!


スポンサーリンク

遠い昔の突然変異

金魚は、野生のフナが突然変異で赤くなった個体を固定して作出された観賞魚。
日本の中でもおおくのフナの種類がいるが、その祖先をたどると、中国のヂイというフナの一種に行き着く。

その後、形は変化していくが、習性などはフナから受け継いでいる部分が多い。

中国では1500年以上も前から金魚が飼育されていたといわれていますが、真相はわかりません。
新種の金魚を作り出すことに没頭していた皇帝もいたとも言われ、それほど金魚の歴史は長いものと言われています。

誕生には謎が多く、中国のとある湖で「火の如く赤い魚」が発見されたことが幾つかの古い文献に記述されている。
それが金魚誕生の始まりとも言われている。

つまり、現在も私たちを楽しませてくれる金魚は自然界には存在せず、人間が作り出した「生きた芸術」と言われている。

スポンサーリンク