金魚飼育水槽の水替えの頻度はどれくらいが最適?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水槽で生体を飼育する場合のメンテナンスのメインは、やはり水替えとなります。

金魚飼育水槽では、水替えの頻度はどれくらいが最適なのでしょうか?


金魚飼育水槽は汚れやすい

金魚は、小型の熱帯魚などにくらべて、餌を食べる量が多く、それに比例して糞の量も多くなります。

水替えは、飼育水の有機物濃度の濃縮を防ぐために必要で、定期的の行わないと、金魚にとって有害な物質が増え続けてしまいます。

快適な環境で、健康に優雅に暮らしてもらうために、金魚飼育水槽の水替えはとても大切なメンテナンスとなります。

最適な水替え頻度はどれくらい?

水が汚れる、有機物や有害物質が濃縮して、生体に影響を与えるまでの期間は、これといった正解はありません。

水槽サイズ、ろ過フィルターサイズ、飼育匹数、餌やりの頻度と量が大きく関係してきますので、最適な頻度というものは、その水槽の飼育者が発見するしかありません。

過密飼育や餌のやりすぎは、水替えの頻度をこまめにしておかないと、金魚たちを苦しめることになります。。

また、適度に余裕のある飼育で、餌も必要最低限のみ与えておけば、水替えの頻度も少なくて済みます。

水替えの頻度がどれくらいが最適なのかを知りたい場合は、他の管理方法も見直しながら見つけていくしかないのです。

水替えをするべきタイミング

普段の飼育方法を継続しながら、水替えのタイミングは飼育者が掴み取っていくしかありません。

その水替えのサインとしては、明らかに濁ってきていたり、気泡が消えにくい、金魚が水面でパクパクしているなどがあります。

水が汚れ始めているタイミングで水替えを怠ると、明らかに危険なサイン(金魚が病気になる、弱っていく)が現れます。

そうなる前に、水替えはおこなわなければいけないので、普段からじっくりと観察しておくことが大切になってきます。

水替えは、大切な金魚の命を守るための重要なメンテナンスですので、毎日様子を見ながら、自分なりの頻度を見つけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください