和金型金魚一覧【原産地・作出・歴史・飼育】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

和金型金魚一覧


スポンサーリンク

和金型

和金(わきん)

中国の晋の時代。(西暦265~419年)
突然変異の赤いフナ(緋鮒)が発見される。

この緋鮒(ヒブナ)が現代で知られる金魚の祖先と言われている。
その後、さらに突然変異として三つ尾、四つ尾などの開き尾を持つ個体が現れ、これが今の和金と呼ばれる種類。

日本には室町時代中期の文亀二年(1502年)。
大阪の堺に和金が伝来したとされている。

現代の日本にある金魚の品種は全て和金から派生した品種で、和金が原点となる種類。
和金と呼ばれる由来として、江戸時代中期に琉金などの新しい品種が出回りだし、それらとくべつするために名付けたとされる。

金魚の中でフナに近く、形も似ている。
動きが俊敏で生命力も強くて丈夫。

フナ尾以外に、三つ尾、四つ尾のタイプもいる。

※三つ尾:平付尾ともいい、二枚のフナ尾が上向きになってくっついて、二つの谷と三つのの山ができた形をしている。
※四つ尾:三つ尾の真ん中の山に切れ込みが入っていて、三つの谷と四つの山ができた形。

観賞魚の場合、価値が高いとされるのは、美しい紅白(更紗)の体色を持つ三つ尾の個体とされている。

入手は比較的簡単で、金魚すくいやホームセンターなどどこでも入手が可能。

金魚の品種の中でも丈夫な種類とされ、他の種類とは比較にならないほど生命力が強い。
うまく飼育できれば10年以上生きて体長も驚くほど大きくなる。

初心者が飼育するのに向いた種類と言える。

朱文金・朱文錦(しゅぶんきん)

明治25年、初代秋山吉五郎氏が三色出目金と鮒尾の和金を交配させて作出された。

明治33年、農商務省水産講習所の松原新之助氏により「朱文金」と名付けられ、明治35年に発表。
本来は「朱文錦」と書き、朱(赤)の色彩と浅葱色(青)を基調とした鮮やかな退職を持つ錦のような金魚という意味で名付けたと言われている。

和金型の体型に長いフキナガシ尾と、赤・青・白・黒の和を感じさせる淡い雑色。
モザイク透明鱗が特徴で、非常に味わいのある品種。

体色以外の体型はコメットと同様。
作出にフナが使用されたこともあり、丈夫で長生きしやすい。
大型水槽で飼育すれば30以上になることもある。

昔から親しみのある品種で、一般の金魚販売店やホームセンターで手に入る。

派生品種として、日本の朱文金を元にイギリスで改良された、ハート型の尾を持つ「ブリストル朱文金」などもある。
イギリスの熱心なブリーダーによって飼育され、イギリス国内からは長い間持ち出されてはいなかったが、近年では少数ではあるが徐々に日本にも輸入されはじめた。

スポンサーリンク