ペンギンテトラ【飼育・原産地・体長・水質・水温・特徴・混泳】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペンギンテトラ

英名

Thayeria boehlkei

飼育難易度

やさしい

原産地

南米、アマゾン川

全長

5cm


スポンサーリンク


水質

弱酸性~中性

水温

24~27℃

特徴

頭をやや上の方に向けて静止する姿からその名前がついた。
背びれ、尻ヒレは白く色づく。
ポピュラー種で東南アジアからの洋食個体が輸入される。

飼育のポイント

なんでもよく食べる丈夫な魚で、初心者でも飼育は容易。
大きくなるとやや荒くなる性質があるので注意。

ひとこと

見た目も名前もかわいらしいのでかなり興味があります。
名前の由来ともなっている、「上を向いて静止する」という姿を見てみたいですね。
大きくなると気性が少し荒くなるようで、体長も5cmとやや大きめなので混泳には気をつけたいところです。
導入した際には、その静止した姿の写真をアップしときます。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。