トラディショナルベタ【飼育・色・水質・水温・混泳・寿命】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アナバスの仲間ベタの代表格のトラディショナル。

飼育・水質・水温

特徴や混泳時の注意点など


スポンサーリンク

原産地

改良品種

水温

25~30℃

体長

6cm

レッド、ブルー、ピンクなど

murabanner

飼育

ラビリンス器官と呼ばれる補助呼吸器官を持ち、空気呼吸が可能なため溶存酸素の少ない環境でも飼育可能。

ろ過器は必ず必要なわけではないので、ろ過器なしのちょっとした小さな容器でも簡単に飼育できる。

強い水流を好まないためにろ過器を設置して水槽で飼育する場合は水流対策が必要。

水温はやや高めの25~30℃付近を好むのでヒーターは必須です。

過酷な環境に適応できる能力があるため、小さな容器での飼育が可能だが、小すぎる容器はヒレを痛めてしまう場合があるので容器の選定には注意。

スポンサーリンク