エンゼルフィッシュとの混泳に向いている魚と向かない魚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

見た目が優雅でとても飼育しやすいエンゼルフィッシュ。

種類も豊富で人気の魚種です。

ただ、混泳には少し注意が必要になります。


スポンサーリンク

水槽の中を優雅に泳ぐ姿が魅力的なエンゼルフィッシュ。

種類も豊富で飼育しやすく、人にもなつきやすいところが人気の魚種。

ですが、エンゼルフィッシュは他の魚種との混泳に気を遣わなければいけないところがあります。

気性は荒い?おとなしい?

ネットなどの情報では、気性が荒いと書く人もいれば温和だと書く人もいます。

これは、一概には言えないことで、飼育してみなければわかりません。

個体差というものもありますし、エンゼルの中でも種類によって微妙な性格の違いがあります。

経験上では、ゴールデンは若い時にはかなり狂暴で、マーブルはいつもとなしくいじめられっ子なイメージ。

何度か飼育してみましたが、この構図に変わりはなかったように感じました。

相性が悪く混泳できない魚は?

エンゼルは、基本はおとなしいとされているのですが、それは中型の熱帯魚の中ではおとなしいという意味。

若い時は活発に動きますし、ケンカもします。

また、逆に陰湿ないじめをされてしまう相手もいます。

エンゼルフィッシュと相性が悪いとされる代表的な魚種を紹介します。

エンゼルフィッシュに危害を加える熱帯魚

スマトラ

スマトラは、エンゼルフィッシュの混泳としては向かない代表的な熱帯魚。

長くて動くものをつつく癖があるため、エンゼルはそのいたずらの恰好の餌食になります。

泳いで逃げるのが苦手なエンゼルに対し、スマトラが複数泳いでいたりすればすぐにボロボロにされます。

致命傷は負わないにしても、かなりのストレスを感じてしまいます。

スマトラの改良品種でも同じなので、エンゼルのためにも混泳は避けましょう。

プレコ

セルフィンプレコ、サッカープレコなどのプレコの仲間は、コケ取りようなどで導入されることがあります。

ですが、成長すれば50センチを超えるほどの大型魚になり、とてもじゃないですがエンゼルなど比べ物にならないほどの魚になってしまいます。

また、成長して大きくなるにつれて気性が荒くなるため、混泳には危険な魚種です。

中型の熱帯魚

中型の熱帯魚は、基本的に気の荒い仲間が多く、トラブルになりやすい特徴があります。

コイ系、カラシン系、シクリッド系など、わりとほとんどの種類の中型魚がケンカの原因を作ります。

エンゼルフィッシュが直接関わらないとしても、まわりが気性の荒い魚種まかりでは、それだけでストレスになります。

エンゼルはゆっくり泳いで過ごしたい性質で、周りが騒がしいのが苦手だということです。

夜行性の熱帯魚

エンゼルフィッシュに直接は危害を加えない種類の魚でも、夜行性の魚種は避けましょう。

夜に寝るエンゼルに対し、ナマズ系の魚は夜になると活発にバタバタと動き出すのでそれがストレスとなります。

水槽の大きさや、飼育数にもよりますが、エンゼルに気を遣うのであれば避けたほうがいいでしょう。

エンゼルフィッシュが危害を加えてしまう熱帯魚

小型の熱帯魚

エンゼルフィッシュは優雅に泳いで、チョロチョロと動く魚が苦手。

基本は温和だとしても、本能的に口に入るサイズの魚は食べてしまいます。

ケンカというよりも、小さな動くものは何でも食べてしまう習性があります。

小さな熱帯魚(ネオンテトラ、アカヒレなどのSサイズ)は混泳してからあっという間に食べられてしまいます。

小さな動く生物は、エンゼルにとって混泳している個体ではなく、餌という認識にしかなっていないので食べてしまうのです。

私も実際に一晩で全滅してしまった経験もあります。

そのため、小型の熱帯魚や稚魚などはまず一緒にしてはいけないと思っておいて下さい。

卵胎生メダカ

グッピーやプラティなど、卵胎生の熱帯魚とエンゼルフィッシュを混泳させる場合は注意して下さい。

普通の成魚と混泳させるのは問題はありませんが、小型魚を食べるのと同じように、稚魚はあっという間に全滅させられます。

自然の摂理で淘汰されると考えれば問題はないですが、まずエンゼルと混泳している以上は繁殖はできないと思っておいて下さい。

ウィローモスなどで稚魚の隠れ家を作ってあげればそれでも生き延びれるかもしれませんが、繁殖を目的とするのならエンゼルのいる水槽で混泳させるべきではありません。

ディスカス

ディスカスとエンゼルフィッシュの混泳は難しいとされています。

エンゼルフィッシュは「熱帯魚の女王」と呼ばれるのに対し、ディスカスは「熱帯魚の王様」と呼ばれるています。

どちらも色鮮やかで、優雅に泳ぐ熱帯魚ですが、実はこのふたつの種類は相性が悪いとされています。

エンゼルフィッシュは温和だと言っても、それなりに気は強いという性質を持っています。

それに比べて、ディスカスは成魚になってもずっと臆病でとても神経質な魚です。

ディスカスは、水質の変化やちょっとした物音、混泳している魚の動きなどに非常に敏感で、同じ層を泳ぐエンゼルがいると委縮しがちです。

同じディスカス同士でも、弱い個体は隠れて出てこなくなってしまうほどですので、気の強いエンゼルがいればなおのことストレスとなってしまいます。

ディスカスは、臆病ですので売られたケンカはかわずにひたすら逃げ隠れしてしまうので、餌が食べられなくなったり、直接攻撃を受けたりして様々なダメージを受けてしまうのです。

スポンサーリンク