ひまわりを一輪挿しで育てることはできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏を彩るひまわりの花。

群生させるのも素晴らしいですが、一輪でも綺麗に見えます。

お部屋の中にワンポイント。


スポンサーリンク

ひまわりがキレイ咲く季節が来ました。

庭や畑でたくさん育てるのも綺麗ですが、お部屋に一輪というのも美しいものです。

ひまわりは一輪挿しできる?

ひまわりの花を、一輪挿しで育てることができるのかどうか。

結論は、できます。

余った小瓶や、グラス、花瓶などに挿して観賞を楽しむことが出来ます。

お部屋に一輪飾れば、外で見る景色とはまた違った演出ができます。

咲いている花をお持ちの場合は、是非挑戦してみて下さい。

水替えは毎日少なめに

ひまわりは、茎が腐りやすいため、水替えは毎日必須となります。

また、深く水に入れると、弱りやすくなるので、浅めに挿しておくのコツです。

綺麗な状態で鑑賞を続けたいのであれば、毎日少量の水替えを頑張ってみて下さい。

継続することができれば、それだけ長く楽しめますよ。

スポンサーリンク

茎を切り詰める

何度も水替えを行って、抜いたり挿したりを繰り返していると、茎の切れ目が弱ります。

水替えをしながら、茎の様子を観察して、弱ってきたら少しずつ切り詰めていきましょう。

茎が元気な場合は、水の吸収が多い花なので、茎の手入れはしっかり行う必要があります。

一輪挿しを楽しもう

花の一輪挿しは、簡単なようで難しいもの。

難しいようで簡単なモノ。

コツはたったひとつだけ。

毎日水替えをして、しっかりと様子を見ておくことです。

きちんと手入れをして、状態を観察していれば、答えは見えます。

花を育てるということは、とても心にいいものです。

また、自分の状態を映し出し、様々な学びがあります。

造花よりも生花。

たった一輪の花を育てることができるかどうかは、あなたの手にかかっています。

美しい花を育て上げるために、頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。